トップページ > 潜在意識とキネシオロジー > こんな人こそキネシ >

潜在意識とキネシオロジー



 顕在意識と潜在意識の関係は、よく氷山にたとえられます。

 波の上から顔を出している氷の部分が顕在意識で
 波の下に沈んでいる巨大な氷の方が潜在意識というわけです。

 私たちは、普段はこのほんの僅かに顔を出している顕在意識が
 本当の自分だと勘違いをしていますが
 何を隠そう、私たちの原動力となっているのは
 氷山の殆どを占めている潜在意識なのです。

 「マーフィーの法則」でも、潜在意識の活用法は知られていますが
 ではこの潜在意識にアクセスするには、どんな方法があるのでしょうか。

 よく知られているのは、催眠療法(ヒプノセラピー)ですね。

 普通でも眠りに入る直前と、目が覚める直前が
 潜在意識にコンタクトしやすいと言われているようですが・・・・。
 キネシオロジーでは、潜在意識が「OK!」と言っているときが
 筋肉がON、「NO!」と言っているときが、筋肉がOFFの状態です。

 ポジティブなときがONになりやすく、反対にネガティブなときは
 筋肉に力が入らずOFFになってしまうのですが
 実はキネシを学べば学ぶほど、そんなに簡単なわけではないことが
 わかってきたりもします。
 例えば、食べ物で大好きなものがあるとします。
 大好きな食べ物だから、身体の反射(筋肉の反射)は
 ONになるかと言えば、そうとは限りません。

 ほんの少し、自分自身は気付いてないけれど
 その食べ物に対してアレルギーがあったりすると
 OFFの反応が出たりするのです。

 逆に身体に悪いことで知られる「煙草」でさえ
 100%の人がOFFの反応になるわけではないのです。
 つまり「煙草」を摂取しても、身体は何のストレスも
 感じない方も世の中にはいらっしゃるわけで
 単純に、良い・悪いでは片付けられないことも多いことが
 キネシを通して見えてくるのです。

 キネシを学んで解ったこと
 それは世の中には100%で決まったことは何もない
 ということ。

 善悪だけで片付けられないことが、たくさんあるということ。
 私には私の、あなたにはあなたの
 人の数だけの「答」「道」があるということ。

 そして、潜在意識がその答えと道を指し示してくれている
 ということです。





by  HP制作 webplan