トップページ > 潜在意識とキネシオロジー > こんな人こそキネシ > セッションの流れ > 体験談 >

セッションの流れ



 ● キネシオロジーのセッションの流れ

 キネシオロジーが何なのかもわからないのに
 セッションってどんなことをするんですか?

 そう、そうなんですよね。
 未知の世界を体験したくても、ちょっと躊躇したくなる

 誰もがそう思ってしまうのは当然なので
 ちょっと詳しく説明したいと思います。

 (キネシオロジーをネットで検索しても、なかなかよく理解できない
 って方が多いようなので・・・、ちなみに私も以前はそうでした)


 ◎ ストレスチェックの前準備が必要です

 Oリング(オーリング)を経験している方は多いでしょうけど
 前準備をしなければならないのは初耳の方が多いかも。

 キネシのテスト(筋肉がオンになるかオフになるかのチェックのこと)
 で正確な情報を得るには、まず身体の調子がテストをするのに
 整っているかを調べる必要があります。

 誰だって調子が悪いときには間違った答を出してしまいますからね。
 というわけで、いよいよスタート!

 右腕でも左腕でもかまいません、どちらかの腕を肘を伸ばしたまま
 少し上に上げてもらいます。

 キネシオロジストはその腕を下げようと手で力を加えますので
 (あくまでも下げようとするぐらいですので、思い切り力を入れる
 ことはありませんよ~)

 クライアントの方は、その力に抵抗するように力を入れてもらいます。
 お互いの力が均衡になれば、腕は上がりもせず下がりもせずに
 保たれますが、その状態がいわゆるオンですね。

 力が入るということは、エネルギーの流れは滞っていないということです。
 その方のオンがどの程度なのか、を確認するのが大切です。

 さあ、ここからがやっと前準備の始まりですが


 1 まずは水分チェック

 私はコーヒーをよく飲むし、けっこう水分は摂ってますよ
 という方も多いですが、ここでいう水分とは「活きてる水」のこと
 沸騰させたら「活きてる」とは言えなくなりますからね。

 水分チェックには髪の毛を数本ツンツンと引っ張ります。
 ちょっと痛!って感じですかねえ。

 そして腕の力がオンになるかをチェックします。
 髪の毛をツンツンしてオンになったら水分は足りてるということ。

 腕に力が入らずに均衡が保てず、腕が下がるのがオフ、
 つまり水が足りてないということなので、ミネラルウォターなどの
 生水を補給してもらいます。

 水分が不足しているだけで、力が入らなくなるということは
 その後のテストでも正確な答が得られなくなるので
 とっても大切なチェックなんです。


 2 スイッチングのチェック

 人の身体は無意識に、オンになったりオフになったり
 自動でスイッチの切り替えが行われているのですが
 (たとえば昼間は交感神経が活発になりパワーが出たり
 夜になると副交感神経の作用で、ゆっくり休めたりなどなど)

 夜型人間も多いと言われる現代では
 なかなかスイッチングがうまく機能していなかったりもします。

 スイッチングがうまく機能しないと、ずっと力が入りっぱなし
 になったりして、これまたその後のテストで
 正確な答を見つけることが出来なくなります。

 スイッチングは、身体のある箇所(眉間の部分)を押さえてから
 腕の力がオンになるかオフになるかをみます。
 ※調整法は省略させていただきますね。

 3 経絡の流れのチェック

 人の身体にはいくつもの経絡の決まった流れがあります。
 (これはまさに東洋思想です)

 その全てをチェックするにはかなり時間が必要となりますので
 ここでは、日本列島でいえば東海道本線にあたるような
 メインといわれる「任脈」といわれる経絡の流れをみます。

 正常に流れているときはオンになりますし
 流れがうまくいっていないときはオフになるので
 ここでも調整が必要となります。

 さあ、3つのチェックを終えてすべてが整ってから(これが前準備)
 やっと肝心のストレスをチェックすることが出来る状態となったわけです。


 ●14筋反射テスト

 前準備が終わると、いよいよ本格的に14の筋肉反射のテストです。

 その前に一番大事なこと!
 ストレスを考えてもらうことですね。

 つまり今日は何を解決するために、セッションを受けるのか
 ってことです。

 たとえば、人間関係、過去の傷心、身体の不具合などなど。
 そのストレスに、しっかり意識をおいてもらって
 (簡単にいうと、とっても苦になる人や、つらかった思い出の状況や
 気持ちを再現ドラマのように思い出してもらうこと)
 上げてもらった腕に力が入るかどうかをみます。

 以外にもここではオンになって(つまり力が入って)
 あれれ、感情はつらいと思っているのに
 潜在意識はストレスに感じてないんだ!という
 目からウロコの体験をされる場合もありますよ^^

 ☆つらい体験や苦しい思いを、キネシオロジストにお話しされなくても
 セッションが出来るのが、キネシのいいところ。
 ただただ心の中で思い描いていただくだけで、けっこうです。

 予想通りに?腕に力が入らずオフになったときに
 つまり潜在意識がストレスに感じて傷ついてるってことですが
 どうしてもこの潜在意識のストレスを軽くしたい場合のみ
 14筋テストによる調整を進めることになります。

 ご本人が、別にそれでもいいけど、ってときは
 無理にセッションを受けることもないと思います。
 人の身体の筋肉なんて相当の数がありますので
 全部をみていくのは大変な作業です。

 ということで、代表的な14の筋肉の反射でみていくのが
 私が学んだキネシオロジーです。

 タッチフォーヘルスの手法の生みの親である「ジョン・シー」先生
 の愛弟子でもあった本間先生が、実体験から考えられたのが
 『ヘルスサポートキネシオロジー』なのです。

 仰向けの体勢で、腕や脚を決まった角度からオンになるかオフになるか
 のテストをしていき、滞った流れがどこにあるのかをみていきます。

 最終的にそのエネルギーの流れの滞りを良くして
 ストレスを軽くするというのが調整になるわけです。

 もちろん、場所によっては仰向けになれない場合もありますので
 いざというときは立ったまま、もしくは椅子に腰掛けた状態でも
 テストすることは出来ます。

 ただ仰向けのほうが、オンやオフの違いの精度が高くなるので
 調整がうまくいきやすくなります。



by HP制作 webplan