トップページ > 潜在意識とキネシオロジー > こんな人こそキネシ > セッションの流れ > 体験談 > お申込み > 風水について >

ペンデュラム



●ペンデュラムとは

キネシオロジーは潜在意識と繋がるためのツールとしては
素晴らしいものですが、一人では残念ながら確認することは出来ません。

Oリング(オーリング)にしても、誰かに力が入るかどうか
やってもらう必要があります。

 ※ひとりキネシやひとりOリングをなさってる方もいらっしゃるようですが
 意識をコントロールするのは難しいので、やはり第三者にしてもらうのが
 ベストだと思います。

さて、そうとは言え、もっと簡単に潜在意識の声を聞く方法はないのか?

はい、あるのです!

それはペンデュラムを使う方法です。

この手法は「ペンデュラム・ダウジング」などと呼ばれています。

ダウジングとは地下水や鉱脈など隠れたものを、棒や振り子などの
装置を使って見つける手法として昔から使われてきました。

ペンデュラムとはダウジングを行う道具のことですが
いわゆる振り子のことです。

一般的にはチェーンの先に水晶などの石(錘(おもり))が付いていて
(石のほかに、金属やコインや指輪などでも対応出来ます)
その石の動きによって答えを知るということです。

ただ答えと言っても、石がいろんなことを語ってくれるわけでは
ありません。

「イエス(はい)」もしくは「ノー(いいえ)」のどちらかの答えですので
質問自体がどちらかの答えを得るようにしなければなりません。

ペンデュラムは振り子占いとしても知られていますが
私は占いとは多少違った捉え方をしています。

先に書いたように、あくまでも潜在意識の声を聞くというスタンスです。

潜在意識は私たちが考える以上に、深い部分で魂の声としての情報を
伝えようとしてくれているのです。

普通の意識状態では顕在意識が勝っていますので、自分で判断したことや
決心したことが、とてもあやふやなことだとは思っていません。

もちろん直感が働いた場合や、潜在意識とコンタクトがとれている場合も
少なからずあるとは思います。

日々の生活の中で、判断に困ることはよくあることです。

簡単すぎるかもしれませんが、どの服を着て行こうか
何を食べようか、などから旅行には
どこに行こうか、どのルートを使おうか、どの方面に行こうかなど。

少し大きな問いになると、進学や進路はどうしようか
今摂っているサプリメントは自分に合っているのか、薬や病院は合っているのか
さらに大きな問いになると、迷っている結婚相手のこと
引越しや家や車の購入など。

もちろん、キネシオロジーを使えば簡単に判ることですが
これらが一人で判るようになったら、とは思いませんか?

キネシオロジーは筋肉反射テストでストレスを見つけて
それを開放していくというセラピーですが
ペンデュラムはただ単純に潜在意識の声を聞くというツールです。

ただ使いこなせるようになったら、あなたの人生をサポートし
強い味方になってくれる存在なのです。

●ペンデュラムの使い方

まずは意識状態を中立に保っていることが大切です。
極端なポジティブ、もしくはネガティブな状態のときは避けましょう。

フラットな意識レベルで深呼吸をします。
ゆっくりと鼻から息を吸い、ゆっくりと息を吐きます。

これを数回繰り返し、グラウンディングとセンターリングを意識します。

※グラウンディングは地に足が付いていること、つまり自分自身がしっかり
 地球と繋がっているという意識

※センターリングは自分自身がちゃんと中心にいるということ
 (浮付いていない)

ペンデュラムを用意します。

持ってない方は15cmぐらいの糸の先に5円玉などを結びつけて下さい。

チェーン(もしくは糸)が真っ直ぐに伸びた状態で、錘を垂らします。

(基本は親指と人差し指で持ちます)
さあ、ここから質問をしていくわけですが
質問をする前に微妙に揺れだす場合もあるでしょう。

前後、もしくは左右の立て揺れや右回りか左回りだと思います。
揺らしたつもりがないのに動き始めると驚かれるかもしれませんが
別に驚くほどのことではありません。

人には微量ながらの電気信号のような流れがあるのです。
それが伝わっていると考えてみて下さい。
(それこそが、潜在意識の声とも言えるのですが)
全くビクともしない方も大丈夫です。

それから、簡単な質問をしてみます。

「私は男です」「私は男ですか?」
さて、あなたが男性の場合は答えは「イエス(はい)」の動き
女性の場合は反対に「ノー(いいえ)」の動きとなりますね。

無理に動かそうとはせずに、自然に動きだすのを待ちましょう。
ペンデュラムはどんな動きをしましたか?

多くの場合、イエスが右回り、ノーが左回りになりますが
もちろん逆の場合もありますし、立て揺れや横揺れもありますので
あなただけの「イエス」と「ノー」の反応を確認することが大切です。

始めは明らかに判る簡単な質問を繰り返します。
「私はピンクの服を着ています」
「私は〇〇市に住んでいます」などなど何でもいいので
質問して反応をしっかり確認します。

「イエス」の揺れは自分に合っているエネルギーとも言えますので
例えばお持ちのパワーストーンの上にペンデュラムをかざし
どんな揺れになるのか見るのも面白いですね。

ただし石の場合、浄化が必要なときは「ノー」の揺れになるので
浄化をする目安にもなります。

サプリメントも同じように上にかざし
「このサプリメントは私に必要です」と唱えて
ペンデュラムで確認してみる方法があります。

では、今は購入を迷っているものがある場合ですが
実物はないので、どうやって確認するの?となりますが
その場合は、白い紙に具体的に商品名を明記して(メーカー、商品名)
その紙の上にペンデュラムをかざして確認します。

ペンデュラムでダウジングするのにとても大切なことがあります。

それは質問するときは肯定的にということです。

「~してはいけませんか?」や「このサプリメントはだめですか?」
などの否定形で問わない、ということ。

そして「イエス」「ノー」で答えられないような質問をしない
ということです。

ペンデュラムの動きがはっきりしない、動かない
さまざまな動きをして安定しないときは、質問の仕方がおかしい場合があります。

それとあと一つ重要なこと。

どちらでもない場合もある、これを念頭に置いておいて下さい。

どちらでもいいんじゃないの、そんな場合もあるようなのです。

フィフティーフィフティーってよく使いますが
まさにそれと同じような反応をすることがあります。

迷っているような、右に回ったかと思うと左に回ったり ペンデュラムが「好きにすれば~」と言ってるかのような。

そんなときは一息ついて、質問の仕方を変えたりしてみて下さい。

あまりガチガチに考えないで、楽しんでペンデュラムと向き合うことが
よいパートナーになってくれるコツのようです。

キネシオロジーもそうですが100%というのはないと考えるほうが
人生は楽しめると思うのです。

ペンデュラムを使いこなすのには、ちょっとしたコツもあります。

その大切なコツは、質問の仕方です。
どう質問するかによって、答えは全く違ってきます。

ペンデュラムを使いこなしたい方には、ご要望があれば
対面でのセッションも可能です。
(質問のコツを知ることで、さらにペンデュラムの面白さを 知ることができるはずです。)

お一人ではなくお友だちとの数人でのセッションも出来ます。

問い合わせフォームからお申し込み下さい。

お問い合わせ


by HP制作 webplan